東京カフェスタイル♯1stories / f.e.n

2012年に発売されたアルバムです。このグループはコンセプト・アルバムの為に結成されたグループになります。2012年当時は日本の楽曲のカバー・ブームであり、このアルバムもそのブームに乗じて作成されたアルバムです。

原曲は1970年代の荒井由実さんの楽曲からチョイスされています。代表曲『ひこうき雲」も収録されています。他にも1970年当時に人気のあった荒井由実の楽曲がチョイスされています。全15曲です。

1曲だけf.e.nのグループとは関係のないアーチストがゲスト参加という形で歌ってます。それが手嶌葵さんです。彼女はジブリのゲド戦記のテーマ曲も歌っております。『ひこうき雲』も宮崎駿監督のアニメの主題歌として使われていた事もあり、アルバム構成の雰囲気としては良い構成になっています。

2012年のカバー・ブームの主流として「ボサノバ・アレンジ」を施して、原曲とは違った雰囲気のカバー曲に仕上げ、都会のカフェに馴染むようなお洒落な楽曲として作成するのが流行りました。

このアルバムもその代表の一つと言えます。アルバムのタイトルにある様に「東京のカフェ」をイメージさせる、懐かしくて、お洒落で、女性向けのイメージです。

ですが、中身は何度もリピートしたくなる様な清涼感があります。f.e.nは五人の女性ボーカリストで構成されていますが、それぞれ声質が似ているので、アルバムを通して聞いても、バラツキがなく、違和感なく最後まで聞けるアルバムになっています。