手嶌葵/瑠璃色の地球

「瑠璃色の地球」はもともと1986年に松田聖子によって歌われた曲です。

手嶌葵によってカヴァーされたこの曲。

松田聖子が歌う「瑠璃色の地球」もとても良いのですが、お勧めしたいのは手嶌葵による同曲です。

手嶌葵の透明感のある歌声は、優しくつややかで、聴いているとうっとりしてしまいます。

手嶌葵というと、ジブリ作品の印象が強いかと思います。

ゲド戦記では声優も務めました。

優しくて少し幻想的な部分もあった彼女の歌声。

その後、「コクリコ坂から」でも主題歌などを担当しています。

「朝ごはんの歌」などの可愛らしいポップな曲も歌っている彼女。

「瑠璃色の地球」は中でも彼女のイメージにもピッタリとはまっていて、とても好きな曲の一つです。

松田聖子のような可愛らしくて、妖艶な感じも良いのですが、純真でまっすぐさのある手嶌葵の歌声にもぴったりだと思います。

この曲は彼女の「青い図書館」というアルバムにも収録されています。

このアルバムには先ほど紹介した「朝ごはんの歌」も収録されており、ジブリの曲としては「風の谷のナウシカ」なども収録されています。

他には近年ドラマで使用された「明日への手紙」も収録されています。

どの曲もとても魅力的で、のびのびとした歌声がとても素晴らしいです。

デビューした時よりも、大人な印象が少しずつ出てきて、それがまた歌へも良い影響を与えてきているように思います。

一度彼女のコンサートへ行ったことがあるのですが、生で聞く「瑠璃色の地球」は本当に胸に突き刺さる素晴らしい物でした。