名曲THUNDER BIRD

1998年にリリースされたT.M.Revolutionの初バラード曲。アップテンポな曲を個性的な衣装で歌うのがTVでの彼のイメージでしたが、そのイメージでありながら見事な歌唱力で歌い上げるのが彼の底力なんです(最近歌唱力の面やアーティストとしてのストイックさもクローズアップされて、ファンとしては嬉しい限りです)。といっても、いつも強風をあびるPVが話題だったところ、バラードでも大量の雨に打たれるPVだということで、またまた見た人を驚かせてくれました。

菅野よう子さんによるピアノアレンジのバージョンも出ましたが、最初にシングルで出たアレンジが印象的だったので私は好きです。

この曲を聞くまでは、バラードといえばしっとり歌うイメージでしたが、歌詞がグッと入ってくるのになんてパワフルな歌声なんだと驚きました。西川さんの独特なハスキーボイスと声量が好きでしたので、アップテンポな歌だけでなくロングトーンなど伸びやかに歌う曲も聞きたいなと思っていたところへ、自分が歌ってるわけではないのに気持ちよくなるくらいの歌い上げで衝撃を受けました。この歌で改めて彼の歌唱力が注目されたのではないでしょうか。激しい歌も言葉が耳に入ってくる所もすごいですが、バラードになると更に一つ一つの言葉に重みがあるといいますか、大事に歌ってるのに心の叫びのようなものを感じさせる名曲です。この不思議な魅力がきっかけで、機動戦士ガンダムの監督がテーマ曲にT.M.Revolutionを抜擢したというエピソードもファンの間ではよく知られています。

「孤独な羽を晒して」など歌詞も幻想的で、独特な言葉選びがちりばめられた曲。浅倉大介さんのテクノを基盤にしながらの歌詞ですので、表面的に歌うだけでは心に入ってこない可能性もあり歌い手の技量が非常に重要になってきますが、さすがこの方、見事にまとめ上げられ代表曲の一つになりました。CDで聞くのもいいですが、ライブ音源も臨場感がまた良いのです。ライブで、臨場感はあるが音の調子が狂うという事態が無いのも西川さんの特徴。さらに鬼気迫るパフォーマンスでありながら歌唱力はCDと同等かそれ以上のものが出てくるので、彼の歌唱力を感じられる曲ですね。

その後、他のアーティストと一緒に歌う機会もあったりと曲として完成度の高いのは間違いナシです。