ORIGINAL LOVE『風の歌を聴け』風に吹かれて旅をしよう

ORIGINAL LOVEは田島貴男のソロユニットです。『風の歌を聴け』(1994)は私の愛してやまない一枚です。今聞いても古くないですね。通して聴くとタイトルどおり「風」を感じる曲が続きますね。ずーっと乾いた風が吹いている。そんな感じです。

1曲目The Roverはアルバムの幕開けに相応しいワイルドでカッコいいナンバーです。旅の始まりという感じですね。2曲目It’s a Wonderful Worldはファルセットで歌われる一曲。まさに風の中にいる気分にさせられます。

3曲目The Best Day of My Lifeはラテン調の曲です。田島氏はラテン調の曲も得意ですね。

今日の事はずっと覚えていよう―というフレーズが耳に残ります。

4曲目二つの手のように、中盤にこんなメロウな曲があるのはいいですね。夏の終わりに聴きたい曲です。

6曲目心は生まれたばかりのベイビーに捧げた曲なんでしょうか。

Oh Children 新しい罪を握りしめてーという歌詞に痺れてしまいます。終盤の口笛が優しいですね。

10曲目朝日のあたる道はハッピーな一曲です。ブラスセクションがキマッていますね。アルバムのラストにこの曲を持ってくるなんて憎いなあって思います。アルバムを聴いている間中、旅に出ているような感じがしますが、旅の終わりにふさわしい曲です。間違いなくORIGINAL LOVEの代表作と思います。

何も思うまい 何も考えるまい 今はただ風の歌を聴いていよう

カポーティの小説の一節ですが、このアルバムもこんな心持ちで聴いたらいいのだと思います。