スターダストレビュー/木蘭の涙

スターダストレビューというと、往年のアーティストという印象があります。

「夢伝説」や「今夜だけきっと」などは一度は聞いたこのある方が多いと思います。

力強い歌声は多くの人を虜にしています。

ボーカルの根本要さんの歌声が特徴的で、その魅力にはまってしまう人も多いかなと思います。

「木蘭の涙」というアルバムには、表題の曲以外に3曲収録されています。

表題曲以外では「何やってんだろう」は結構好きな曲です。

特に落ち込んだ時に頭の中でリフレインすることも多く、ついつい口ずさんでしまいます。

「シュガーはお年頃」は最初に出した曲だそうです。

ちょっとポップで可愛らしいので、スターダストレビューの昔を知らない私にとってはとても新鮮な曲でした。

こういう可愛い曲も歌うのだなということが第一印象でした。

やはり一番好きな曲は表題の「木蘭の涙」です。

初めて聴いた時は涙が止まりませんでした。

お酒のCMでも使用され、聞いたことがあるという人もいるかもしれません。

フルバージョンで聴くととても切ない曲です。

亡くなってしまった人を思う曲で、歌詞を読むだけでも心が打たれます。

根本さんの歌声が本当に切なく感じ、曲を聴くだけでその情景も広がります。

メロディはとても清らかで、さわやかでもあります。

「逢いたくて 逢いたくて この胸のささやきが あなたを探している あなたを呼んでいる」というところが特にぐっと胸に刺さります。

家族、友人、恋人、夫婦等、様々な立場が当てはまると思います。

ちょっと過去を思い返した時、こっそりと涙したい時におすすめです。